さばける男子&さばける女子になろう!【さばける塾in滋賀】

海と日本プロジェクトin滋賀県

 

海と日本プロジェクトin滋賀県推進リーダーの小西あゆ香です。突然ですが、「皆さんは魚をさばいた事はありますか?」私は、お恥ずかしながら ありませんでした。

言い訳ではありませんが(笑)最近は買い物にいくと、既にさばいた状態で売っている事が多くなりましたよね。

このような状況の中、魚を「さばく」という行為を通して命に触れ、海や自然への恩恵を感じる機会を創り出そう!というイベント「さばける塾in 滋賀」が10月15日(日)に草津市の大阪ガスクッキングスクール滋賀で開催されました。

このイベントは日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で開催され、「魚食振興」や「海洋環境保全活動」を喚起することを目的にしています。公募で集まった県内の子どもから大人まで、18人が参加しました。せっかくの機会ですので、私も習わせて頂きました!

 

大きなアジを1人1匹さばきます!

この日の献立のメインは、自分でさばいたアジで作るアジフライ。大きなアジを一人一匹さばきます。最初に、講師の先生によるデモンストレーションが行われ、いよいよ参加者の番です。「魚をさばくなんて難しそう・・・」と思っていましたが、先生曰く「手順通り行えば、誰でも簡単にさばく事ができる」そうです。実際に、参加してくれた小学生の子ども達も、先生や、お父さん、お母さんにアドバイスをもらいながら、上手にさばく事ができました!

私はといいますと。。。参加者の中で一番苦戦しておりまして(T . T) 一番小さなアジフライになりました (笑)

※放送に使われない事を祈ります。

 

滋賀の恵も頂きました!

メインのアジフライ以外にも、滋賀ならではの食材という事で「ニジマスの南蛮漬け」や、副菜として「ほうれん草とまいたけのごま和え」、汁物として「紅葉麩と豆腐のすまし汁」も作りました。さらに、ガス火で炊いたふっくらごはんや、滋賀の郷土料理「えび豆」も食卓に並び、参加者みんなで出来立てを美味しく頂きました!

 

さばけるマスターカードを授与!

最後に、さばける男子・さばける女子になった証として、「さばけるマスターカード」を受講者全員に授与してイベントは終了しました。

参加者の皆さんからは「思っていたより簡単だったので、感覚を忘れないうちに家でもさばいてみたい」、「貴重な体験ができて楽しかった」、「さばきたてのアジで作ったアジフライが美味しかった」などの感想が聞かれました。

 

美味しい魚を、これからも食べたい

最近は、食卓にお肉料理が並ぶことが増えましたが、このイベントを通して、周囲を海に囲まれた日本ならではの「魚食文化」を大切にしていきたい、そして、美味しいお魚を食べるためにも綺麗な海を守り続けていきたいと改めて考えるきっかけになりました。

今回紹介した「さばける塾in滋賀」の様子は、11月6日(月)夕方6時15分~6時55分放送「キラりん滋賀」内、海と日本プロジェクトのコーナーで放送予定です。是非ご覧ください。

 

ページ上部へ戻る