湖を思いっきり楽しむ!【BIWAKO湖フェス2017】

海と日本プロジェクトin滋賀県

 

こんにちは!海と日本プロジェクトin滋賀県推進リーダーの小西あゆ香です。

9月2日、3日の2日間、びわこボートレース場で

「BIWAKO湖(うみ)フェス2017」が開催されました!

 

このイベントは琵琶湖ローイングCLUBが主催し、

日本財団「海と日本プロジェクト」の一環で実施されました。

湖の大切さや湖上スポーツの楽しさを知ってもらい、

障がいへの理解を深めてもらうことを目的としています。

2日間、天候にも恵まれて、たくさんのお客様が来場されました。

 

特別企画「BIWAKO湖フェス フォーラム2017」

3日には、鈴木大地スポーツ庁長官が来場されました。

三日月大造滋賀県知事や、主催者である琵琶湖ローイングCLUBの

小原隆史代表理事などと一緒にステージに登壇され、

「琵琶湖における湖上スポーツとユニバーサルスポーツの未来」について討論会が行われました。

 

ウォータースポーツ体験

障がいの有無に関わらず一緒に楽しめる

ボートやカヌーなどのウォータースポーツ体験が大人気!

大人も子どもも楽しそうですね。

琵琶湖の傍に住んでいる私たちも、実はウォータースポーツを経験した事がなかったりします。

貴重な体験ですね。

 

ステージショーや、フードブースも!

ステージでは2日間にわたり、キッズダンスや、歌、ショー、抽選会などが繰り広げられました。

推進リーダーの小西と吉田もスタッフとして参加!

 

フードブースでは地元の特産物も楽しめました。

私も高島の特産品アドベリーのクレープや、近江牛を使ったホットドッグなどを頂きました!

どれも、とってもおいしかったですよ♪

 

うみダンスが大画面で!

会場には、普段ボートレースで使用されている大きなモニターがあります。

その大迫力のモニターで【うみダンス】が何度も放映されました!

楽しい会場をさらに盛り上げていましたよ!

 

このイベントを通して湖を身近に感じ、

障がいがあるなしに関わらず世代を越えて

みんなが楽しめる場が広がっていくといいなと思いました。

 

ページ上部へ戻る