写真 2018-07-17 21 45 08

湖で気軽に♪マリンスポーツフェスティバル【野洲市・マイアミ浜】

7月16日(月)、野洲市のマイアミ浜で、「2018『海の日』…
詳細を見る
海はないけど、湖(うみ)がある!内陸に住む滋賀県民にとって、日本最大の湖「びわ湖」は海のような存在。そんな滋賀のびわ湖の水は、瀬田川、宇治川、淀川を通じて近畿圏の約1450万人の飲み水として利用され、やがて大阪湾へと流れ込みます。びわ湖の水を守る事は、海を守ること。「海と日本プロジェクトin滋賀県」では、びわ湖や海をもっと大切にしたくなるような話題をお伝えし、海の危機に対して自らアクションをおこすきっかけ作りを目指します!

最近の記事

お知らせ

早崎ビオトープ

2018-9-5

人と湖をつなぐ”里湖”の復活をめざして【長浜市・早崎内湖ビオトープ】

「早崎内湖ビオトープ」は、干拓農地の一部を湛水して動植物の調査を行っている、日本最大のビオトープ実験地です。長浜市早崎町では、昭和39年頃から食糧増産のため内湖を埋め立てて干拓田が作られましたが、現在では豊かな自然を取り戻すため、干拓田を元の内湖に戻そうとする動きが進んでいます。平成13年に試験的に…
詳細を見る

イベント

滋賀文具シリーズ

2018-9-3

オリジナルノートを作ろう!海のお仕事図鑑【コクヨ工業滋賀】※応募は締め切りました

9月17日(月・祝)、小学校4年生~6年生を対象にした海のお仕事体験イベント「海のお仕事図鑑」に参加してみませんか?「海のお仕事図鑑」は、お仕事体験を通して地元の海(滋賀県でいうとびわ湖も!)の恩恵や課題などを学んでもらい、海や琵琶湖への理解を深めてもらうことを目的に、日本財団「海と日本プロジェクト…
詳細を見る

レポート

0

2018-10-9

世界にひとつのオリジナルノート作り~海のお仕事図鑑【コクヨ工業滋賀】

海と日本プロジェクトin滋賀県推進リーダーの小西あゆ香です。9月17日に、愛荘町にある「コクヨ工業滋賀」で「海のお仕事図鑑」が開催されました。「海のお仕事図鑑」は、仕事体験を通じて子ども達に地元の海への恩恵や課題を学んでもらい、海への理解を深めてもらうために全国で行われています。今回参加してくれたの…
詳細を見る

番組情報

無題

2018-10-17

2018年 #15【魚のゆりかご水田米】をYouTubeで公開!

琵琶湖周辺の昔ながらの水田を再現した「魚のゆりかご水田」では、魚道の設置により、琵琶湖から毎年コイやフナ・ナマズなどが産卵しにやって来ます。ゆりかごの役割をはたす水田で育った魚たちは琵琶湖へ戻り、大きくなってまた「ゆりかご水田」に戻ってきます。水田を守ることが琵琶湖を守ることになり、ひいては海を守る…
詳細を見る
ページ上部へ戻る